Viewing entries tagged
It Project

プチョン It Project

IMG_5072.JPG

7/13〜7/23までソウルの近くで開催されているプチョン国際ファンタスティック映画祭に初めて行ってきました!

IMG_5081.JPG

今回の目的はジャンル映画企画マーケットのIt Project参加。フィリピンのMikhail Red監督のホラー映画企画「Eerie」の共同プロデューサーとして、参加してきました。

FullSizeRender.jpg

一緒に参加したMikhail Red、プロデューサーのMicah Tadena、脚本家のMariah Reodicaの3人はなんと全員20代で、参加チームの中でダントツ最年少。僕が平均年齢を引き上げてしまいました(笑)

しかし若いとは言っても、企画マーケットはプロの商談の場。そこで堂々と世界相手にプレゼンと商談を進める彼らはすごい!

IMG_1026.JPG

Mikhail Redとは去年参加したプロデューサーのワークショップで意気投合し、いつか一緒に映画を作ろうと話していたのですが、今回共同プロデューサーとしてチームに入れてくれて、本当に幸運です。去年の東京国際映画祭か今年の大阪アジアン映画祭で「Birdshot」を観た人は分かると思いますが、近い将来ハリウッド進出も期待されているアジアの期待の星です。

IMG_1014.JPG

今回、3日間でインディペンデントのプロデューサーから大手の配給会社まで24社前後と商談したのですが、実際、数社から一緒に映画を作りたいとオファーがあり、こんな若いチームでもやれば出来るんだと実感しています。

連日朝から晩までプレゼンするのは疲れますが、疲労以上に興奮が上回ります。そして、毎晩他のプロデューサーや映画祭プログラマーと飲みに行って、深夜までカラオケに行くというパターンです。

IMG_1015.JPG

これが重要だと最近つくづく感じています。僕のようなお金がないプロデューサーにとっては、信頼関係が全てだと思うのですが、カラオケは信頼関係を築いたり、見極めたりするのに威力を発揮します。僕は音痴なのでカラオケは好きではないのですが・・・

あっという間に3日間の企画マーケットは終わったのですが、何と僕たちの企画がNAFF Awardという賞を頂きました!制作費の一部になる賞金ももらえるのですが、金額以上に、今後お金が集まりやすかったり、映画祭に選ばれやすかったり、配給もしやすかったりという、大きな受賞です。

最年少の新しいチームで成し遂げた快挙!

出だし好調な「Eerie」プロジェクトですが、来年の夏撮影に向けて、まだまだお金集めと準備は続きます。

IMG_1017.JPG

撮影はフィリピンでするか、日本でするか迷っているのですが、とにかく、最強に怖いホラー映画を作るにはどうすればいいか、Mikhail Redの今後のキャリアも考えると何が最適なのか、試行錯誤しながら映画を作って行きたいと思います。

そして気がつけば、これも含めて3つフィリピンとの合作の企画を進めています。他の国との合作の企画もあります。

企画毎に面白い映画を作る為の最強チームを作りつつあります。これからは、国籍とか住んでるとことか関係なく、とにかく面白い映画を作る為に信頼出来る仲間と、一緒に映画を作って行くと思います。

IMG_1024.JPG

しばらくフィリピンに住もうかな(笑)と案外真剣に考えるこの頃です。