Viewing entries tagged
IFFR

Rotterdam Lab 参加

 しばらくかなり忙しくブログ書けてなかったのですが、パリからルクセンブルクへ向かうバスの中で久々に書いています。仕事での出張とはいえ、たまにはこういう時間もいいですね。参加したRotterdam Labでも、どんなに忙しくても休みは必ず取れと言われました。

そのRotterdam Labが何かと言うと、ロッテルダム映画祭期間中に、世界中から60人の若手プロデューサーを集めて、色んな事を教えてくれるプロデューサー養成ワークショップなのです。映像産業振興機構 VIPO から推薦して頂き、参加してきました。

IMG_1232.JPG

初日は自己紹介。60人参加者がいるのですが、1人2分ずつ、30人に2時間かけて自己紹介しました。さすがに60人全員は名前覚えれないだろうなと思いつつ…

IMG_1231.JPG

最初の講義はピッチの練習。映画祭やエレベーターで出会った人に5分で自己紹介や企画のピッチをするという設定で、練習も準備もなしでピッチさせられました。去年Busan Asian Film Schoolで3ヶ月ピッチの練習をして、Talents Tokyoでも練習したのに、全然ダメ。一方、欧米や南米の参加者はすらすらと分かりやすく喋ってる。アジアではピッチがうまい人があまりいないのに、この実力の差には驚きました。同じ人間でも人種によってうまい下手がこうもはっきりとするものなんだろうか。 

IMG_9800.JPG

2日目以降は ストーリーテリング、ファイナンス、ポスプロ、コミュニケーション、共同製作、マーケティング、会社経営等についての講義で、他のワークショップで学んだ事が多かったので、復習プラス新たな発見という感じで5日間のプログラムを無事終えました。

IMG_9816.JPG

 でもこういったワークショップの醍醐味はやはり人との出会いです。僕も以前に参加したTies That BindやBusan Asian Film Schoolで出会った仲間と一緒に仕事しているし、それ以上にかけがえのない人生の友達になっています。今回のRotterdam Labは今まであまり出会う機会のなかったヨーロッパ、アフリカ、中東、北米、南米の若手プロデューサーと知り合えたので、またここから何かが生まれると思います。

IMG_1233.JPG

去年Talents Tokyoで発表した塚田万理奈監督の「刻」は6〜10年かけて16mmフィルムで撮影するという企画なのですが、最後のシーンはブエノスアイレスで撮影する事になっています。ロッテルダムで出会ったアルゼンチンのプロデューサーとは10年後ブエノスアイレスで会おうと約束しました(笑)。

アルゼンチンのプロデューサー  Eugenia。チェ・ゲバラの遠い親戚らしい。

アルゼンチンのプロデューサー  Eugenia。チェ・ゲバラの遠い親戚らしい。

Labの最終日はお決まりのパーティーという事でこんな感じになりました。

IMG_9835.JPG
IMG_9845.JPG
IMG_9848.JPG

映画はあまり観る時間がなかったのですが、映画祭の雰囲気の写真もちょっとだけ掲載しときます。 

 

IMG_9780.JPG
IMG_9888.JPG
ちなみにKavich Neang監督のドキュメンタリー「Last Night I Saw You Smiling」はかなり良かった。 

ちなみにKavich Neang監督のドキュメンタリー「Last Night I Saw You Smiling」はかなり良かった。 

IMG_9893.JPG

といった感じの初めてのロッテルダムでしたが、こんな素晴らしいワークショップに推薦してくれたVIPOの皆様、本当にありがとうございました。この経験を活かして、日本のインディーズ映画を盛り上げていきたいと思います!